読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラスノヒビ~日々、あるいは、罅~

タイトル「ガラスノヒビ」は「ヒビ割れ」のヒビとかけてます。イマイチですかね。(^^;)ガラス好きの管理人が、様々なガラスについて綴っていきます。

妖精の森ガラス美術館〜行ってみたいガラスのミュージアム〜

f:id:glass_days:20140117004036j:plain

(写真引用元:ウランガラス同好会HP URL:http://uranglass.gooside.com/
※会費・入会資格不要で、ウランガラスに関心のある方ならどなたでも参加できます。
詳しくは上記のサイトをご覧下さい。
 
 
以前、当ブログの記事で「ウランガラスを紹介させてもらったのですが、岡山県鏡野町上齋原にはなんとその名も「妖精の森ガラス美術館」という、日本初、そして世界初のウランガラス専門の美術館があります。↓
 
こちらの美術館では19世紀から現代までの100点以上のウランガラス作品を鑑賞する事ができ、さらに企画展示室では「日本のガラス展」が年二回の頻度で開催されております。また、工房では「吹きガラス体験」「リューター体験」「サンドブラスト体験」も楽しむ事ができるという、非常に充実した内容の美術館です。
 
私がぜひここで見たいと思っている展示物は、テレビ番組の「開運!なんでも鑑定」にて紹介された、ロシア皇室が工房に作らせたウランガラスの「ゴブレット」です。以前は個人の方の所有物だったのですが、現在はこの「妖精の森ガラス美術館」に収蔵・展示されているとの事です。やはり実際に自分の目で、発光するガラスを見てみたいですよね。
 
緑豊かな森に囲まれており、外観もおしゃれで親しみやすい建築デザインですから、岡山に旅行に行く際にはぜひ行ってみたいですね。